ローマの休日1(2022年)

ローマに行ったのは9月後半。かなり間があいてしまいました。間が開くと誰よりも本人が書く気がなくなってしまうのが不思議なところ。

読んでいただく皆様にはあまり関係ないのにね。

ということでやる気がまだ残っているうちにローマの休日を書き残しておきます。

前回ローマに行った時に主要の観光名所は見てしまったので、まだ見ていないところということで探したのが、ドムス・アウレア-ネロの黄金宮殿です。

場所はコロッセオから北東に位置するオッピオの丘。最寄駅は地下鉄のコロッセオ駅です。

ドムス・アウレリアスは予約してツアーに参加してということになります。

ローマには7つの丘があるそうですが、そのネロの黄金宮殿はその中の3つの丘にまたがった広さだったそうです。宮殿敷地内には人口の湖もあったそうですがその湖の跡がコロッセオ!!

入り口で集合し、ツアーの予約をしたことを証明して敷地内に入れてもらえます。

ルネッサンス時代に色々なアーティストがこの遺跡にに潜り込んで目にした壁画が彼らのインスピレーションになったそう。もちろん当時は遺跡として公開していたわけではなく、穴から無理やり洞窟部分(グロット)に潜り込んでいたそう。危険ですね〜。グロテスクという言葉はそのグロットから来ているそうです。

褪せているけど色が残っているのが感動です。紀元54〜68年に建てられたものですよ〜。

これはアキレウスと横にいるのが彼のお母さんの女神テティス。

唯一自然光の入るドームのあるところ。

当時の様子を再現した仮想現実を見るVRゴーグルをつけた見学者。私たちもつけているところを写真に撮られていたのかも。

いやいやすごい。何でこんな面白いところ知らなかったの?と思いガイドの人にいつ公開になったのか聞いてみたら公開しては閉じ、閉じては公開して、安定して公開するようになったのはこの10年くらいということでした。

だから前に行った時に引っ掛からなかったんだ〜と納得。

面白かったのはここを検索してて2019年のサライの記事に行き着いたのですが、当時は見学者はヘルメット着用していたらしい。

私たちはヘルメット無しでした。

いいね! ←いいね!押してね!(21いいね! )

ローマの休日2(2022年)

ネロの黄金宮殿で大興奮した後に私たちが向かったのはローマ国立博物館。ここもノーチェックなところでした。おすすめが二階ということで二階に直行。

あるわあるわ、ネロの黄金宮殿よりもっと鮮明な壁画の数々、モザイクなどなど。

目つきの悪いイルカ。他の魚は結構リアルなのに。

他の魚。

ここにもグロテスク模様。

あ!友達のおうちの床のタイルと同じ柄だ!と驚いたモザイク。モダンですね。

くっきりはっきりしているのはこのモザイクは大理石を砕いたものだから。

丸々一部屋分残っていた壁画。これが四方にあると思ってください。そして絵が細かい。

別の階の彫刻の部屋にもいったのですがこれがすごい。ボクサーのブロンズ像。

潰れた耳もリアルですが乳首に毛が!!

ミネルヴァ色付き。

もうかなりへとへと。

残念なことにこの博物館にはカフェがない。

なのでちょっと休んで見学再開ができないのが残念無念。もっと体力ああればと思ったお勧め博物館でした。混んでないし。

ここはテルミニ駅から近いのですがテルミニ駅を作る時遺跡がザクザク出てきたそうです。

私たちは行かなかったけれどテルミニ駅の地下一階のマクドナルドにも遺跡があるそう。悔し〜!気が付かなかった。

いいね! ←いいね!押してね!(19いいね! )

ローマの休日3(2022年)

ローマの下町トラステヴェレは最近アップマーケットになってきたらしい。おしゃれなカフェやレストランがいろいろ。

ロンドンのイーストみたいな感じか??

サンタ・マリア・トラステヴェレはモザイクが美しい教会。あとから作られたテラス部分、邪魔なんですけど。(バチが当たる?)

ちょうどミサが始まり中に入れなかったので外から。

トラステヴェレに来たのは友達のお宅を訪ねるため。大昔に日本で会ったブラジル人の友達がこの辺に住んでいる。夕食はブラジルの代表的な料理フェジョアダだ。

いいね! ←いいね!押してね!(19いいね! )

ローマの休日4(2022年)

今回の旅行のテーマはもちろん遺跡、そしてミケランジェロ。

まず、バジリカ・ディ・サン・ピエトロ・イン・ヴィンコーリ。あの有名なミケランジェロのモーゼ像があります。

俺こっちの方が若く見えない?っと勝手に想像。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会のキリスト像。前を覆うものはもちろん後でつけたもの。わざとらしいですね。

サン・ピエトロ大聖堂のピエタ。

ローマに行く前にローマが関係する映画をいくつかみたのですが、その中のキャロル・リードの「華麗なる激情」(すごいタイトルですね。きっと当時は華麗なる何とかが流行っていたのかな?

システィーナ礼拝堂の天井の絵を頼まれたミケランジェロ(チャールトン・ヘストン)が「俺は彫刻家なのに何で絵を描かせるんだ〜!」とプンスカ怒っているのですが、確かに彼は絵も描いて彫刻もして設計までしています。多方面に才能があってすごい〜。

私は子供の頃、工作はダメダメでした。工作上手な子が羨ましかったです。

いいね! ←いいね!押してね!(15いいね! )

ローマの休日5(2022年)

ジューイッシュ・ゲットーへ。

細い道にはプレートが埋め込まれています。

ここに住んでいて強制収容所へ送られ、そして帰ってこれなかった人たち。

いいね! ←いいね!押してね!(14いいね! )