バルセロナ4その2

カサ・バトリョを見学した後は隣のカサ・ミュゼオ・アマトラーへ。

朝ごはんを食べたカフェのところです。

ここの建築家はジョセップ・プイグ・イ・カダファルチ。施工主がこのチョコレートのお店のオーナー、アマトラー氏です。今までお店が続いてるってすごいですね。

出口はチョコレー屋さんにつながっていて、チョコレートをひとついただきました。

この後、タパス24というタパスでお昼。

名物だというなす料理。

ロシア風サラダってなんだろうと思ったらポトテサラダでした。ツナ入り。それとコロッケ。

ミートボール。上に乗っているのはカリカリにあげたじゃがいも。

お昼の後も旅は続くよ。

いいね! ←いいね!押してね!(12いいね! )

バルセロナ4その3

お昼の後はモダニズム博物館へ。クワトロガッツの展示でした。

ステンドグラスが美しい。

クワトロガッツは当時アーティストたちの溜まりだったカフェでその後閉店し、80年代に再現する形で開店したそうです。

一番右の少年がピカソ。14歳でバルセロナに両親と出てきた時。

騙し絵?

肘が絵から飛び出ているように描かれています。

私の趣味じゃないゴージャスな鏡。

でも散りばめられた小花が素敵。

ピカソによるクアトロガッツのメニューなのかポスターなのか不明。なぜならこの美術館説明はスペイン語とカタルーニャ語だった。

絵画や家具の他に彫刻もあったのですが、このお父さんに抱かれた息子。

ものすごく不機嫌そう。一体何が??

この彫刻家は同じモデルで色々な作品を作っていますが、この鏡、この美女が頬を鏡に寄せてそれが鏡に映っている。ここに自分の顔を映したくないと思うのは私だけ?

いいね! ←いいね!押してね!(13いいね! )

バルセロナ4その4

この日の最後はガウディによるグエル邸。実は滞在先はここと同じ通りにあります。

馬車から馬を放して地下へ連れて行く通路。なので階段ではなくスロープ。

ホールからドームを見上げる。

ここは扉を閉めると礼拝堂になったそう。

この日の夜は夫の友人宅でご馳走になったので、夕食の写真はありません。

いいね! ←いいね!押してね!(14いいね! )

バルセロナ5

滞在先近くの広場にあるガウディのランプポスト。

広場から小路へ。 

朝食後はピカソ美術館。

ここにもクアトロガッツのメニュー(?)のための絵。

左の落書きっぽい絵が可愛い。

ピカソって本当に天才。10代の時の絵がもうすごい。

漫画っぽい馬の絵。

ベラスケスのラス・メニーナス(女官たちをピカソの解釈で再構築したもの。

この犬、バルセロナ・オリンピックのマスコット、コビちゃんを思い出のは私だけ?

昼食を食べて一旦宿に戻り、その後は友人カップルの結婚届のセレモニーに参加。本来家族だけの参加なのですが建物が素晴らしいうことで海外からの友人も誘ってもらった。ここシティ・ホール。

セレモニーの後は新郎のアパートでドリンクと軽食。

大変立派な新郎アパートの入り口。

カサ・バトリョの近くだった。夜のカサ・バトリョ。

いいね! ←いいね!押してね!(23いいね! )

バルセロナ6

今回の旅の一番の目的、この日が結婚パーティーでした。

バルセロナ市内からお客を乗せたバスが2台でパーティー会場に向かいます。

なんと1時間半!!もう一人では絶対帰れない場所。

屋外に設られたアーチ。

ここでセレモニー。

子の場所はヒールだと大変歩きにくい。

セレモニーのあとは会場の中庭に移動。なんと花嫁とブライド・メイドたちはスニーカーではありませんか!ロングドレスだからその手があったか!!!!!

中庭でドリンクとフィンガーフードで、スピーチ。と言っても、台があって誰でも何か喋っていい。日本の来賓スピーチとは全く別世界。

「え〜、本日はお日柄もよく…(嘘)」と喋る夫。

そこから会場入り口に移動。メキシカン音楽を奏でる生バンドの演奏で花嫁花婿のファーストダンスのあと皆踊りまくる。

そのあと食事。

名札の裏はメニュー。

そして今度は会場にDJが登場し、皆、踊りまくる。

帰りはチョイスが2つあってバルセロナに戻る10時のバスか12時のバス。

つまりかなり長時間踊りまくるパーティーでした。花嫁は昔ダンサーだったので彼女が踊るのは予想できたのですが、男性群も踊りまくってました。

いいね! ←いいね!押してね!(22いいね! )