The house of us

2019/10/11

先日、ロンドン・フィルム・フェスティバルで見た韓国映画「The house of us」がなかなか面白かったです。

喧嘩ばかりの両親の仲を取り持とうとする少女の葛藤とプロセス。

故相米慎二監督の「お引越し」を思い出しました。

あと、シーちゃん!

しっかりした大柄な子は歳よりも上の扱いになってかわいそうです。まだ子供なのに。

相米監督といえば、大好きだったのが「台風クラブ」。

みなさま、くれぐれも台風にお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です