迷子の保護

日曜日のハムステッドヒース はロックダウンにも関わらず、いや、ロックダウン中だから?混んでいる。

ハムステッドヒース にあるケンウッドハウスのカフェで親類と待ち合わせ、散歩を楽しんでいたのだが、ハムステッドヒース から車道に出るあたりで一匹のラブラドール犬がうろうろしている。

ハムステッドヒースは犬天国なので、車で犬を連れてきて離す人が多く、時々ヒース内で犬を探す人を見かけることも少なくなかったが、飼い主がいないのに車道に出てしまうのはよろしくない。

気になった他のグループの人たちは「あなたの犬か?」と聞くそのそばから犬が車道にふらふら出て行ってしまい、皆一斉に日ええええ時もを冷やす。

危険この上ないので、一番犬の近くにいた私たちがとりあえず犬を捕獲。

首輪に電話番号がついていたので早速携帯で連絡し、待ち合わせることにする。

やはり犬を気にしていたらしき人が近くに停めた車からリードを出して渡してくれた。

山ほどあるから持ってっていいよということでありがたく受け取り、首輪にリードをつなぐ。

これで犬を連れて行くのが楽になった。

「あなたの犬か?」と聞いていたグループに再開し、飼い主に連絡がついたというと大変ホッとした様子だった。

無事飼い主に会いリードごと犬を渡したが、さすがイギリスの人々、犬や犬連れに親切だと思った次第です。

いいね! ←いいね!押してね!(7いいね! )