ロンドンおでん

ものすごく好き、というわけではないけれど、ふとした拍子に食べたくなるのがおでん。

練り物関係を日本の店で購入するとなかなか高くなっていきます。

こちらでも手に入る材料をメインに作ったおでん。

牛すじを入れたいところですが、これがなかなか難しい。コリアンの食材の店に行けば冷凍のものが見つかるかもしれませんが、近所にないのが残念。

代わりにとり手羽、昆布で出汁をとり、じゃがいも、だいこん、ゆで卵、油揚げの袋にしらたきをつめたもの、はんぺん、さつまげ、そしてトマト。

気がつくと鍋いっぱいになっているのがおでん。これを数日かけて夫と二人で食べることになるのか?

汁にうどんを入れてもいいし、雑炊にしてもおいしいはず。

大根が超美味しいので、ついつい作ってしまいます。

なんて書いていたら二日目のお昼で完食してしまいました。おかしいなあ。もっとあると思ったんだけど。

いいね! ←いいね!押してね!(8いいね! )

ベニスもろもろ

入場料のいらない美術館、というベニスの高級ホテル、ダニエリ。14世紀末に建てられた貴族の館を改修したホテルだそう。

建物自体が美しい。

立派すぎて私には敷居が高い〜。

どうしてもこそこそと写真を撮ることに。(こそこそしなくでもいいんだけど)

工事中で入れなかったサン・マルコのバジリカの壁はまるで大理石の見本帳のように様々な色、模様の大理石。

ベニスで古い教会のひとつ、ムラーノ島にあるサンタ・マリーア・エ・ドナート。

黄金の中にすっきりと立つ聖母マリア。

ここには12世紀の床のモザイクも。

もともと貴族の館だったのを美術館に改修したクエリーニ・スタンパーリア美術館で見た聖女の足元の謎の赤い顔。これはなんだ?

大きくしてみます。怖いでしょ?

そのあとに風俗画を見るとなんかほっとします。

普通の人間は不気味じゃない。

1630年のペスト終息の際に感謝を込めて立てられたというサンタ・マリーア・デラ・サルーテ。

是非また行きたいベニス。

早くCovid19が落ち着くことを祈って、サルーテ。

ベニスに行くにあたり、塩野七生「海の都の物語」上下( 新潮社)、宮下規久郎「ヴェネツイア美の都の一千年」(岩波新書)を読み、大変参考になりました。

いいね! ←いいね!押してね!(5いいね! )