女社長

2018/6/29


タイトル 女社長 1巻
出版社 小学館
初版発行 1993年8月1日
ISBN
内容 玖保ワールド、本領発揮のシュールなギャグ満載。玖保本人がモデルという噂もある大伴キナコが謳歌するミョーな女社長の日々。付録の資料(歴史と大伴家)も、作者と身近な人たちの現実が錯綜していて笑える。


タイトル 女社長 2巻
出版社 小学館
初版発行 1993年10月1日
ISBN
内容 基本は4コマでありながら、ストーリーはつながっていたりして、すべてがワクにはまらぬ遊びぶり。作者本人が心底楽しみながら描いているのが見えるよう。丸描いてチョン式の女社長の表情が何ともかわいい!


タイトル 女社長 3巻
出版社 小学館
初版発行 1993年12月1日
ISBN
内容 ムクムクわいて出てくるような、楽しくもミョーで愛すべきキャラクターたち。女装がかわいすぎる山田部長、本当はロボットだったオムロン、最後には弥勒菩薩まで出てきちゃうんだから、もうワケわかんない。