バルセロナ4その3

お昼の後はモダニズム博物館へ。クワトロガッツの展示でした。

ステンドグラスが美しい。

クワトロガッツは当時アーティストたちの溜まりだったカフェでその後閉店し、80年代に再現する形で開店したそうです。

一番右の少年がピカソ。14歳でバルセロナに両親と出てきた時。

騙し絵?

肘が絵から飛び出ているように描かれています。

私の趣味じゃないゴージャスな鏡。

でも散りばめられた小花が素敵。

ピカソによるクアトロガッツのメニューなのかポスターなのか不明。なぜならこの美術館説明はスペイン語とカタルーニャ語だった。

絵画や家具の他に彫刻もあったのですが、このお父さんに抱かれた息子。

ものすごく不機嫌そう。一体何が??

この彫刻家は同じモデルで色々な作品を作っていますが、この鏡、この美女が頬を鏡に寄せてそれが鏡に映っている。ここに自分の顔を映したくないと思うのは私だけ?

いいね! ←いいね!押してね!(14いいね! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です