Valentine 劇場

と言っても単にバレンタイン・デーにマチネを観劇したというだけなのですが。

イプセンの「民衆の敵」を主役、マット・スミスで。

大変政治的な内容主人公がタウンホールで意見を言うのですが、そのあと私たち観客に自分の意見に賛成かどうかと問い掛けます。つまり、私たちも劇中人物となり、舞台が観客席まで広がります。そしてこの芝居の中だけでなく、UKを超えグローバルな問題へ。

で、お客さんの私たちは賛成反対双方の意見に関して手を挙げます。

そのあと、ではどうして賛成なのかと言うことに対し、意見を言う人を会場にマイクを回していきます。

もちろん私はマイクを渡されたらいいやだなと思い、それには手をあげませんでしたが、意外ときちんとマイクで意見を言うお客さんが結構いました。

中学生くらいの男の子も意見を言っていて、偉いな〜と感心。こう言う舞台、日本では成り立つのか、興味があるところです。

意見、言う?私、言わない。ビビリだから。

舞台美術も、椅子や机は実際のものがあるものの、そのほかの家具や窓は黒板のように書き込める壁(黒く塗ってある)を使って大変面白かったです。

そして、マット・スミスといえばこちらでは「ドクターWHO」,そして、ネトフリの「Crown」「House of Dragon」でもお馴染み。

そのせいか出待ちの人がいっぱいでした。

いいね! ←いいね!押してね!(12いいね! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です