サンデー・ローストの罠

先日、結婚記念日のディナーに前から行きたかったKentish TownのParakeetに行ってきました。

毎年4月1日にお祝いする私たちですが、なんとその日は月曜日の定休日。3月31日に役所に届け、パーティーは4月1日だったので結婚記念日が2つあるようなもんだよね、と日曜日にディナーの予約をした次第です。

…忘れていました。日曜日の英国ではサンデー・ローストと言って、肉のローストを食べる日なのです。

もちろん、どのレストランもサンデー・ローストをするわけではありませんが、パブのレストランはサンデー・ローストというのは結構普通。そしてこのParakeetもパブ・レストラン。

嫌いなわけではないのですが、メニューが限られてしまうのがちょっと悲しい。

美味しかったんですけどね。

前も、わざわざ行ったレストランがサンデー・ローストのメニューしかなくてチョッピリがっかりした苦い思い出が…。

前菜はタラの頬肉の天ぷら。あっさりすがちなタラですが、おそらくバターミルクとかにつけたようで、濃厚な味わい。

Tokyo turnipのサラダ。なんじゃ。そりゃ?と思いましたが、蕪のサラダです。Tokyo turnipっていう種類があるのかな??

私のメインは藁でスモークしたチキンのロースト。胸肉なのでふ〜ん(私が好きなのは腿です)と思いましたがおいしかった。

夫のローストビーフは、写真がブレブレで使い物になりませんでした。

プディングを撮った写真もブレブレで写真は載せられませんでした。

日曜日じゃない日にもう一度来たい。

いいね! ←いいね!押してね!(5いいね! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です