初フィレンツェ9、オムツ干し場のカフェもあるよ

ドゥオーモの美術館へ行く。チケットに美術館のも付いているのだ。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂についている3つのドアはレプリカで美術館の方に本物があるのだ。ミケランジェロも感嘆したと言うのがこのロレンツェ・ギルベルティによる「天国の扉」。

マグダラのマリアはイエスの死後、森に入って隠遁者のような生活をしたのだそう。知らなかった。ドナテロ作。

ミケランジェロのピエタ。このフードを被った人は自分がモデルらしいけれど。

てな感じで見るべきものは色々あるドゥオーモの美術館ですが、私が好きだったのはこれ。

ルネサンス時代のエンジニアリング。

ブルネッレスキの作ったモデル。フィレンツェから帰ってきてからみたネトフリの「メディチ」にも出てきてました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: brunerusuki.jpg

サン・ロレンツォ聖堂のメディチ家礼拝堂。

サン・マルコ修道院も行きたかったのだが、開いていない時間帯だった。調べておけばよかった。

雨が降ってきたのでイノケンティウス捨て子養育院のカフェへ。

フィレンツェ在住の友達に教えてもらった穴場カフェ。

オムツ干し場だったところがカフェになっている。

博物館もあるのだがそこまでの体力な残っていなかった。これも建築はブルネッレスキ。

一旦アパートに戻り出直したレストランはChibreo。

トリッパのサラダというのがあったのでそれかなと思って聞いたら、玉ねぎが入っているということで取りやめ。

メニューにはなかった子牛肉のツナソースがけというのに

した。

こちらは豆の煮込み的なもの。

これなんだっけ?書かないと忘れますね。

これは先日食べた細長い肉団子。フライではなくトマト煮込み。

やっぱり美味しい。今度自分で作ってみよう。きっとレシピがどこかにあるはず。

Chibreoの外観。

いいね! ←いいね!押してね!(11いいね! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です