ウィンポール・ステート

翌日は同じくナショナルトラスト管理のウィンポール・エステイトへ。

ウィンポールという名の首相がいたのでその関係か?と思ったけれど、説明書などに全く出てこなかったところを見ると関係ないのかも。

最後の持ち主はキプリングの娘の結婚相手、ベンブルック大尉だそう。子供がいなかったのでナショナルトラストへ寄贈されたそうです。

その前の持ち主の時代18世紀に建築家サー・ジョン・ソーンがいろいろ改築。

彼の特色である天窓があちらこちらに。

お風呂もサー・ジョン・ソーンのデザイン。

シャワーもあるよ。

いいね! ←いいね!押してね!(10いいね! )

“ウィンポール・ステート” への3件の返信

  1. 浴槽はどこにあるのでしょうか?あの白いタイルの部分は浴槽置く場所?
    シャワーってその上の部分にお湯を入れる人って大変ですね。取っ手をひいたらシャワーがジャーと出るんでしょうか?

    1. そうです。数人一緒に入れそうですね。

    2. すみません。よく読んでなかった。あのタイル部分が浴槽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。