なんでサフラン?

サフラン・ウォルデンの名は、なんでも16、7世紀にこの辺にサフラン・クロッカスが広く生育していたからだそう。

街には小さな美術館も。奥の家ではなく左横が美術館。

その奥を抜けたところにあって期待せずに入った公園が美しかった。

自分のためのお買い物はもちろんサフラン!(でもスペイン製だった。今はサフラン生えてないのね)

そして、可愛らしいので思わず買ってしまったのが、陶器のクジラの計量カップ。手前から4分の1、2分の1、1カップ。重ねられます。

いいね! ←いいね!押してね!(15いいね! )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。